まえさんぽ | 恵比寿エリアで賃貸物件を探すなら、不動産エキスパートのアットイーズおまかせください!

  • 03-6452-590303-6452-5903

    営業時間 10:00~18:00

    定 休 日なし

まえさんぽ

2022-08-06 12:27:49

コラム04930のアイキャッチ画像


こんちは

前田です。

物件の紹介です


ネベル恵比寿 部屋番号:605 
渋谷区広尾1丁目13-13  
JR山手線 恵比寿 徒歩7分 
東京メトロ日比谷線 恵比寿 徒歩7分 
東京メトロ日比谷線 広尾 徒歩13分 


礼金 1ヶ月 管理費 なし 
敷金 2ヶ月 共益費  
鍵交換代等 敷引 雑費  
保証金 なし 保証金償却  
その他一時金  
ランニングコスト  
専有面積 49.11㎡ バルコニー  
駐車場 バイク置場 駐輪場  
間取り 1LDK 建物構造 RC 階建/階 14階建/6階部分 
間取り内訳 洋 6 LDK 13.5 主要採光面  
現況 空家 
入居日 即時 契約期間 2年 更新料 新賃料 1ヶ月 
築年月 2019年10月 総戸数  
リフォーム履歴  
リノベーション履歴  
フリーレント  
保険等加入 加入要 管理方式  
賃貸保証 加入要 日本セーフティー、初回賃料等の50%1年毎1万円 
設備保証  
クレジットカード
決済  
一括型共同住宅  
温泉  
特記事項 外観タイル張り 分譲タイプ 角部屋 
入居条件  
設備 B・T別 シャワー 浴室乾燥機 トイレ 温水洗浄便座 洗面所 洗面台 洗面所独立 ガスコンロ付 システムキッチン 浄水器 収納スペース ウォークインクローゼット シューズボックス 室内洗濯機置場 
給湯 都市ガス フローリング 都市ガス給湯 床暖房 エアコン CATV 光ファイバー モニタ付インターホン 防犯カメラ 24時間セキュリティー バルコニー エレベーター 宅配BOX 



ご質問・ご内見などお気軽にお問い合わせください!



⬇️お問い合わせ先⬇️
@atease_ebisu

SUUMO・ホームズ・アットホーム
その他媒体や非公開物件など常時20万件以上の物件をご紹介可能です!

#アットイーズ#不動産#賃貸#引越し#お部屋探し#東横線
#田園都市線##山手線#東京#恵比寿#渋谷#新宿#中目黒
#目黒#新宿#池袋#麻布十番#武蔵小杉#横浜#六本木#転勤 
#三軒茶屋#住みたい街#事務所#デザイナーズ#オフィス 
#リノベーション#1人暮らし#一人暮らし#2人暮らし

______________________________
⭐️会社情報⭐️
株式会社会社フォースクエアビレッジ
アットイーズ恵比寿駅前店

会社ホームページ
http://www.ebisu-atease.jp/

住所:東京都渋谷区恵比寿西1-2-1
エビスマンション505号室
TEL:03-6452-5903
______________________________





男は黙ってスクワット
「キング・オブ・エクササイズ」


それはスクワットだ。最もキツく、効果があり、やりたくないけれども、やり終えた後には何とも言えない達成感がある。




ただし、ひと言でスクワットと言ってもさまざまなフォームがある。ワイドスタンスやナロースタンスなど足幅の違い、フルスクワットとハーフスクワットなどしゃがむ深さの違い、
ハイバーとローバーなどバーを担ぐ位置の違いなどで、効く箇所がまったく変わってくる。

今回は特に、大腿四頭筋に効かせるスクワットの行い方を紹介しよう。


■フル・ノンロックスクワット 
大腿部が地面と平行になるまで下ろす場合を「パラレルスクワット」。これより浅く、膝が90度くらいまで下ろす場合を「ハーフスクワット」と呼ぶ。
そしてパラレルより深く下ろし、ハムストリングとカーフが触れるまでしゃがむ場合を「フルスクワット」と呼ぶ。

さらに深く下ろし、カカトに尻が触れるくらいまでしゃがむと「フルボトムスクワット」となるが、これは骨盤の後傾が起こりやすく、腰を痛めてしまう可能性があり、あまりお勧めはできない。

大腿四頭筋を発達させるには、フルスクワットが有効だ。一般的に、筋肉はしっかりとストレッチさせることが肥大のスイッチとなるため、できるだけレンジを広く取ることが大事なのだ。

しかしスクワットには弱点もある。立ち上がり切る寸前、つまりトップポジションに近い状態で、ほとんど負荷がかからないのだ。

そこで「ノンロック」である。

ロックとは「関節を伸ばし切る」こと。ノンロックは逆に「伸ばし切らない」ことだ。つまり最後まで立ち上がり切らず、トップポジションに近くなったら、そこでもうしゃがんでしまうのだ。
目安として、膝関節が150度ぐらいになったところでしゃがむといいだろう。

フルに下ろし、膝を伸ばし切らないことで大腿四頭筋の緊張が保たれ、途中で休むことができなくなる。いつもなら10回できるところ、7~8回ぐらいしかできなくなるだろう。

<



なお、フルに下ろすとカカトが浮いてしまうことがある。その場合はカカトの高いリフティングシューズを使う、もしくはカカトに2.5kgプレートを噛ませて行うといいだろう。
また、フルに下ろすと骨盤が後傾(腰が丸まる)する場合は、無理をしなくてもいい。

■ハイレップス&レストポーズ
大腿四頭筋はハイレップスに反応しやすいと言われている。具体的には15~20レップスだ。

フル&ノンロックでも、キツいながらも6回ぐらいなら何とかこなせるだろう。しかしハイレップス、すなわち15~20レップスとなると、まさに地獄の苦しみとなるだろう。
筋肉が焼けつくように痛み(これをバーンズと呼ぶ)、その痛みに耐えながらレップスをこなすのだ。

さらに効果を高めたいのなら、レストポーズを取り入れよう。これは「できなくなったら数秒休み、追加で数レップス行う」ものだ。

具体的には、次のようになる。

・軽めの重量でフル・ノンロックスクワットを行う。
・8回くらいまで何なくできる重量を選ぶ。
・10回くらいからキツくなってくる。
・バーンズに耐えながら、15回まで行う。
・膝を伸ばして立ち上がり切り、5秒ほど深呼吸しながら休む。
・3回行う。ここでまたバーンズが襲ってくる。
・また膝を伸ばして立ち上がり、5秒ほど休む。
・最後の2回を行う。トータル20レップス。

■スロー&スピーディ
さらに追い込みたい? それなら「スロー&スピーディ法」を紹介しよう。具体的には次のように行う。

・さらに軽い重量でフル・ノンロックスクワットを行う。
・ポジティブ(立ち上がる時)は、3秒でゆっくりと行う。
・ネガティブ(しゃがむ時)は4~5秒でゆっくりと行う。
・8回目くらいで悲鳴が上がる。
・気合いを入れて10回まで行う。
・残りの10回は普通のテンポで行う。もちろんフルに下ろし、ノンロックで行うこと。
・レストポーズと併用可能。 

まあ確かに、文章だけではなかなか伝わるまい。ぜひジムに行って試してほしい。その際は、普段行っているスクワットの重量の半分でいいだろう。
Copyright(c)株式会社フォースクエアビレッジ. All Rights Reserved.